法定報告(全面打診調査 含)

一般的に一定規模の建物については、法定調査・検査を実施し所轄官庁へ定期的に報告することが義務付けられています。 ここでは、主に建築基準法に関わる調査・検査をご紹介します。

 

特殊建築物調査

建築基準法第12条第1項に規定される調査で、主に建築分野における非難通路の確保等防災性と外壁剥落の危険性の有無等を確認調査するものです。(財団法人 日本建築防災協会

 

・国土交通省建築基準法第12条に基づく「定期報告制度が変わります」

【あなたの建物は安全ですか?】

外壁落下やエレベータ事故等が多発していることから、平成20年4月1日に建築基準法が改正され、特に特殊建築物定期調査報告には外壁全面打診調査が必要となり、定期調査報告を怠ったり虚偽報告した場合は罰金となりました。

外壁全面打診対象の主な特殊建築物

  • 部分打診・目視等により異常が認められたもの
  • 竣工後10年を越えるもの
  • 外壁改修後10年を越えるもの

 

定期調査報告とは

定期報告制度と呼ばれるもので、建築物の健康診断です。

建築基準法では、1.特殊建築物等、2.昇降機、遊戯施設、3.特殊建築物等に設ける建築設備について、その所有者・管理者が、安全を確保するため、専門技術者に定期的に調査・検査をさせて、その結果を特定行政庁に報告することが定められています。

 

定期点検制度とは

建築基準法第12条第2項及び第4項により、国、都道府県又は建築主事を置く市町村の建築物の管理者である国の機関の長等は、当該建築物の敷地および構造等について、定期に、一級建築士、特殊建築物等調査資格者等に、損傷、腐食その他の劣化の状況の点検が義務づけられています。

 

定期調査・報告の内容

  1. 地盤、周囲の地形、擁壁、避難通路など敷地の状況についての調査
  2. 基礎、土台、柱、梁、壁、床、外壁、広告塔、看板など構造体や落下危険物の状況についての調査
  3. 外壁の防火構造、防火区画、防火戸、内装材料廊下、通路、階段、扉、出入り口、排煙口、バルコニー、屋外通路、非常用進入口など、耐火構造・避難施設等の状況についての調査
  4. 採光、換気設備の設置などの状況についての調査

 

定期調査・報告を行う資格者

特殊建築物等の調査を適切に行うには、十分な建築防災に関する知識があり、建築物の安全性を総合的評価できることが必要なため、建築基準法では、調査することができる資格を定めています。

この有資格者は、国土交通大臣の登録した講習を修了した特殊建築物等調査資格者、1級建築士、2級建築士です。

特殊建築物等調査資格者で名簿に登載した方には、特殊建築物等調査資格者証(免許サイズ・写真付き)を発行しております

 

 

建築設備検査 Q&A

建築基準法第12条第3項に規定される検査で、空調換気設備・非常用照明設備・機械排煙設備・給排水衛生設備を主に防災性、機能性を検査します。(財団法人 日本建築設備・昇降機センター

 

【東京都域における建築設備定期検査報告制度について】

 

Q1 この制度は、どういう制度ですか?

A1 建築基準法に基づき、事故や災害を未然に防止するために建築物に設けられている建築設備の状態を検査し、毎年報告していただくものです。

 

Q2 どんな建築物が対象になっているのですか?

A2 多くの人が利用する劇場、ホテル、店舗、事務所、雑居ビル、マンションなどの建築物が対象になっています。(定期検査対象建築物及び対象建築設備

 

Q3 だれが報告するのですか?

A3 検査対象の建築設備の所有者又は管理者(所有者からその建築設備について維持管理上の権原を委任された方)の方です。

 

Q4 どんな建築設備を検査するのですか?

A4 次の建築設備が対象となります。

  1. 換気設備  換気フードの風量測定などを行ないます。
  2. 排煙設備  排煙口の風量測定などを行ないます。
  3. 非常用の照明装置  照度の測定などを行ないます。
  4. 給排水設備  給水・排水設備機器、配管などの検査を行ないます。

 

Q5 だれが検査をするのですか?

A5 国土交通大臣の定める※建築設備検査資格者等の技術者です。
※一級・二級建築士及び建築基準適合判定資格者または、建築基準法第12条第3項及び同施行規則第4条の20の規定に基づく者

 

Q6 検査した建築設備の報告書はどこに提出するのですか?

A6 (財)日本建築設備・昇降機センターに提出し、書類を受付完了した後、当財団から所轄の役所に報告されます。

 

Q7 検査資格者がいない場合どこへ連絡すればよいですか?

A7 検査資格者をご存知ない場合は(財)日本建築設備・昇降機センターに備え付けの検査資格者名簿がございますのでお問い合せください。(03-3591-2421 定期報告部)

 

Q8 報告書を提出した後はどうなりますか?

A8 判定結果が良好なものには、報告書(副本)に「建築設備定期検査報告済証」を添付して送付致します。報告済証は見やすい位置に掲示してください。なお、建築設備に修理や改善が必要な場合は、完了するまで検査報告済証が発行されません。報告書の指摘事項を確認し、検査資格者のアドバイスを受けて早急に修理や改善を行ってください。 また、5,000m2を超える対象建築物については、大きい報告済証(A5版)も発行しております。
(通常の小さい報告済証は全ての良好な建築物に発行しております。)

 

参考関連法規

建物の所有者は、その建物を維持管理することが建築基準法で定められています。その内容として主だったものを参考として掲載致します。

 

建築基準法 第8条(維持保全)

〔所有者、管理者、占有者の義務に関するものと捉えられる条文〕

建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。

〔解釈〕建物の持ち主と管理する管理会社、その建物を賃貸する等して使用している者は、建物を常に法に(主に建築基準法や消防法等の防災や安全性、衛生に対する法)に適した状態に維持しなくてはならないという義務を明確化したものと考えられます。

 

 第12条第1項に規定する建築物の所有者又は管理者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するため、必要に応じ、その建築物の維持保全に関する準則又は計画を作成し、その他適切な措置を講じなければならない。この場合において、国土交通大臣は、当該準則又は計画の作成に関し必要な指針を定めることができる。【昭60建告606】次頁参照

〔解釈〕前記した通り建物の関係者には、建物を適法に維持する一定の義務が課せられています。その具体的なものとして、必要に応じて維持保全に関わるルールや計画を作成して、適切な措置(法定検査、調査やその他必要な診断の実施、それらの結果に基づく修繕工事の実施等と捉えられます。)を講じなさいという主旨と考えられます。

 

建築基準法 第12条(報告、検査等) 関連部抜粋

〔第8条に上げられると捉えられる法定検査、調査に対する条文〕

第6条第1項 第1号に掲げる建築物その他政令で定める建築物(国、都道府県及び建築主事を置く市町村の建築物を除く。)で特定行政庁が指定するものの所有者(所有者と管理者が異なる場合においては、管理者。次項において同じ。)は、当該建築物の敷地、構造及び建築設備について、国土交通省令で定めるところにより、定期に、その状況を一級建築士若しくは二級建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者に調査させて、その結果を特定行政庁に報告しなければならない。【大臣が定め=昭45建告1825】

〔解釈〕3年に1回(一定の規模以上の劇場、ホテル等は毎年〔各自治体条例による〕)の建物に対する特殊建築物定期調査の根拠条文。

 

 昇降機及び第6条第1項第1号に掲げる建築物その他前項の政令で定める建築物の昇降機以外の建築設備(国、都道府県及び建築主事を置く市町村の建築物に設けるものを除く。)で特定行政庁が指定するものの所有者は、当該建築設備について、国土交通省令で定めるところにより、定期に、一級建築士若しくは二級建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者の検査を受け、その結果を特定行政庁に報告しなければならない。【大臣が定め=昭45建告1825】

〔解釈〕毎年(一定の規模以上の建物)の建築設備(①空調換気設備、②機械排煙設備、③非常用照明器具、④給排水衛生設備)に対する建築設備定期検査の根拠条文。

 

建築基準法 第16条(定期報告を要する建築物) 関連部抜粋

〔上記第12条の法定検査、調査対象となる基準(詳細は各自治体条例による)〕

法第12条第1項の政令で定める建築物は、事務所その他これに類する用途に供する建築物(法第6条第1項第1号に掲げる建築物を除く。)のうち、階数が5以上で延べ面積が1000㎡を超える建築物とする。

 

建築基準法 第100条(罰則) 関連部抜粋

〔第12条の調査、検査に対する罰則規定〕

次の各号の一に該当するものは、20万円以下の罰金に処する。四 第12条第1項若しくは第2項(第88条第1項又は第3項においてこれらの規定は準用する場合を含む。)、第12条第3項(第88条第1項から第3項までにおいて準用する場合を含む。)の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者

〔解釈〕例えば、特殊建築物定期調査を実施し行政への報告をしなかったり、うその調査結果を報告した場合に適用されると考えられる。

 


 

日本建物診断協会は、お見積もり・ご相談無料です。

↑↑↑ お問い合わせはコチラから ↑↑↑

各種診断

適切な診断方法をご提案!

耐震診断
法定報告 (全面打診調査 含)
アスベスト診断
建物の耐震性、認定制度、改修・建て替え促す、国交省、H25年度にも、診断には補助金
日本経済新聞 H25.2.22
診断拒否に罰金100万円、S56年以前の大型商業施設、耐震改修促進法改正案
埼玉新聞 H25.2.23