建物診断(建築)

A. 外観目視他調査

目視(双眼鏡等を使用)や写真撮影により建物の現況・異常の発生状況等を把握し、記録整理する。 同時に異常の種類・部位別に図面化する。
異常発生の原因を考察すると共に、適切な補修方法を立案する。経験・技術・知識を必要とされる、最も重要で、かつ基本的となる調査である。

 

B. 外観等打診調査

シュミットハンマー法
外壁タイルやモルタルの浮き状態を擦過または打診し、その反響音により空隙を識別するものである。
音の解析により、その空隙の深さ・広さを判別し、異常箇所の特定を行なう。
おおむね、地上3.6mまでの範囲は仮設足場なしでの作業で、それ以上の高さでの作業は、ゴンドラ・スカイチェア・ブランコまたは、高所作業車での作業を行い、図面化し劣化箇所の数量積算を行なう。

 

 

C. 付着力測定試験調査

建研式単軸油圧式引張り試験法
既存仕上げ材の貼りタイル、吹付タイル、塗装等の下地に対する付着強度の劣化度を判定。
判定する基準のひとつとして、仕上げ材等と下地との接着力(付着力)を測定する。

 

D. シーリング材硬度・物性測定試験調査

ダンベル物性法
既存シーリング材の『硬さ』や『品質』を測定し、劣化度(硬化度)を調査する。
コンクリート打継目地部や窓廻り等の開口部におけるシーリング材は、充分な防水機能が必要であり、シーリング材の故障や劣化は建物内への漏水ばかりではなく、やがては躯体コンクリートの劣化へも影響する重大なものである。

 

E. コンクリートの中性化測定試験調査

フェノールフタレイン法
鉄筋コンクリートの「耐久性」をチェックするために、コンクリートの中性化の進行度合いを測定する。
鉄筋コンクリートは鉄筋の弱点である酸化による腐植をコンクリートのアルカリ性で防護させているが、経年と共に雨、炭酸ガス、塩分等の影響によって徐々に中性化が進む。
中性化が鉄筋の位置まで進行すると防護効果は失われ、やがて鉄筋は発錆等を起こし建物にとって重大な故障を招くこととなりうる。

 


 

日本建物診断協会は、お見積もり・ご相談無料です。

↑↑↑ お問い合わせはコチラから ↑↑↑

各種診断

適切な診断方法をご提案!

耐震診断
法定報告 (全面打診調査 含)
アスベスト診断
建物の耐震性、認定制度、改修・建て替え促す、国交省、H25年度にも、診断には補助金
日本経済新聞 H25.2.22
診断拒否に罰金100万円、S56年以前の大型商業施設、耐震改修促進法改正案
埼玉新聞 H25.2.23