建物診断(設備)

A. 内視鏡調査(ファイバースコープ)

水洗などの一部を外して、管内に内視鏡(ファイバースコープ)を挿入して内部の状態を観察する。
管部内を撮影した写真にて、錆の発生具合や腐食の様子が調査する。

 

B. 超音波測定調査

配管表面に超音波の発信器と受信器を兼ねた深触子を当て、超音波が反射して受診されるまでの時間を計り、管の残存肉厚を測定し、計算により残存耐用年数を推測する。

 

C. 抜管調査

配管の切断によるサンプル管の採取を行なうことによって、実際の劣化状況を確認する。
サンプル管を採取し、管の閉寒率を測定後、管軸方向に2つ縦割りし、内外面の錆瘤の発生状況を目視・確認する。
又、腐食の激しいサンプルの錆を落とし、管の腐食減肉状況・形態を目視し、最小管肉厚値残存耐用年数を調査する。

 

D. 目視調査

給排水設備の様々な異常や劣化等を観察し、状況を把握。水質検査・内視鏡検査抜管検査等、調査場所の検討や状況に適した調査を判断する。
設計図面等により、給排水設備の概略(配管系統・位置・材質)等の確認をする。
現地では受水槽や高架水槽・揚水ポンプ・給水管・弁類等の外観劣化状況や漏水の有無等を目視にて調査する。
又、揚水ポンプ等においては、作動状況や異音等の有無をチェックし、更には受水槽や高架水槽等の架台の腐食状況や、槽内の劣化・汚濁状況も目視にて調査する。

 

E. 水質調査

水質の腐食傾向を調査し、飲料水としての安全性を確認する。
給水に含まれる鉄分・PH値が水道基準値以内であるか、給水の色度・濁度が水道基準値以内であるか、塩素の遊離残留塩素の測定などを行い、安全性を測定すると共に、水道基準値との比較を行い給水管の劣化度を判定する調査である。
給水管の錆・錆溜が管路を狭めると、給水栓の給水量や給水圧が低下するだけでなく、錆が消毒の為に投入されている塩素を破壊し、水質を低下させてしまう。

 


 

日本建物診断協会は、お見積もり・ご相談無料です。

↑↑↑ お問い合わせはコチラから ↑↑↑

各種診断

適切な診断方法をご提案!

耐震診断
法定報告 (全面打診調査 含)
アスベスト診断
建物の耐震性、認定制度、改修・建て替え促す、国交省、H25年度にも、診断には補助金
日本経済新聞 H25.2.22
診断拒否に罰金100万円、S56年以前の大型商業施設、耐震改修促進法改正案
埼玉新聞 H25.2.23