建物診断(新工法・特殊工法)

B. 外壁偵察ロボット調査

タイル・モルタルの浮き、コンクリートのひび割れ、鉄筋の爆裂・欠損、シーリング材の劣化、仕上げ材の変・退色、汚れ等、あらゆる劣化・故障部を打診音とデジタルスチルカメラのによるビデオ映像で、直接肉眼で確認できない、危険な下地からの浮きの個所のデータを科学的に調査・診断します。

 

  • グリッドマトリックス方式による科学的で正確な調査
  • スーパーインポーズ機能
  • 調査コストの低減
  • 安全操作・簡単設置で工期短縮

 


【1】ロボット搭載のパールハンマーによる壁面擦過音解析調査

  1. ワイヤーを上部より吊り下げ固定し、地上でロボットをセットします。
  2. 地上のコントローラーから、ロボットの上昇・降下・停止を操作し、自動走行させ調査を開始します。
  3. 外壁タイル・モルタルなど、浮き部のパールハンマーによる擦過音を解析し、異常部の位置や数量を地上のTVモニターへ伝え確認・把握、VTR記録します。

 

【2】ロボット搭載のCCDカメラによる不良部撮影調査

外壁タイル・コンクリートのひび割れ、欠損、鉄筋爆裂、シーリング劣化、破断、塗膜の変色、剥離、エフロ、コールドジョイント、漏水跡、汚れ等の劣化状況と位置を、ロボット搭載のCCDカメラを通じて地上のTVモニターへ映像で送り込みます。これらを、目視・調査し、同時にVTR録画・データ記録を行ないます。

 

 

◇ 調 査 凡 例 ◇

【2】─ ① 調査図

建物の図面に詳しい調査の位置と劣化状況を表示します。

 

【2】─ ② 異常発生部データ表

ロボットが記録した異常部をポイントごとに出力します。

 

【2】─ ③ ロボット調査による集計表

【2】をもとにロボットが記録したデータを集計し、調査面積に対する異常発生数や、浮き比率・面積、タイルのひび割れ枚数等、集計します。

 


 

日本建物診断協会は、お見積もり・ご相談無料です。

↑↑↑ お問い合わせはコチラから ↑↑↑

各種診断

適切な診断方法をご提案!

耐震診断
法定報告 (全面打診調査 含)
アスベスト診断
建物の耐震性、認定制度、改修・建て替え促す、国交省、H25年度にも、診断には補助金
日本経済新聞 H25.2.22
診断拒否に罰金100万円、S56年以前の大型商業施設、耐震改修促進法改正案
埼玉新聞 H25.2.23